知らないともったいない! おきなわ子育て応援パスポートはこんなに便利

child
(写真=PIXTA)

社会全体で子育て世代を応援する、「子育て支援パスポート事業」をご存じでしょうか。パスポートを提示することで、乳幼児連れの外出サポートが受けられたり、商品や飲食代が割引になったりとさまざまなサービスや優待を受けることができます。

今回は、そんな子育て支援パスポート事業のなかでも、人口増加率が伸びている沖縄県が実施する「おきなわ子育て応援パスポート」について紹介します。

実は人口が増加している沖縄県

少子化が進む現在、日本の人口増加率は に全国平均で−0.8%(2010〜2015年)となりました。どの地域でも子どもの数は減っていると思われがちですが、人口が増えている県もあります。その中でも沖縄県は、人口増加率は2.9%と全国で一番高くなっています(総務省統計局『都道府県別人口と人口増減率(2017年)』より)。

さらには、年少人口(0~14歳)の割合は、全国平均で12.5%のところ、沖縄県は17.2%です(総務省統計局『都道府県、年齢3区分別人口(2017年)』より)。

子どもの人口比率が高く、人口が増え続けている沖縄において、子育てをしやすい環境を整えるための施策の一つが「おきなわ子育て応援パスポート」なのです。

おきなわ子育て応援パスポートとは

おきなわ子育て応援パスポートとは、社会全体で子育て世帯を応援する「子育て支援パスポート事業」の一環で、沖縄県で展開されています。

協賛店で手荷物の預かりや授乳スペース設備の利用が可能になったり、商品や飲食代が割引になったりというサービスを受けることができます。地方自治体などの運営主体に登録申請してパスポートを発行してもらい、サービスを受けたい協賛店で提示するだけなのでとても手軽です。

子どもの服やおもちゃを安く買うことができたり、優待によって外食費用も抑えられたりというメリットがあるので、今まで子連れで外出するのが大変だったという家族も、気軽に外出が楽しめるようになるのではないでしょうか。

今後も協賛店やサービスの拡充が検討されており、子育て世帯にとってはさらに充実したサービスとなりそうです。また、2017年4月には、47都道府県が対象になりました。そのため、全国どこへ旅行に行っても、また帰省の時でもサービスを利用することができます。子育ての強い味方として、子育て応援パスポートが必須アイテムとなる日もそう遠くないかもしれません。

那覇で受けられる魅力的なサービス

ここで、那覇市で受けられる魅力的なサービスについて例を4つ紹介します。上手に活用してショッピングや外食、休憩、レジャーなど子どもと一緒に楽しみましょう。

● きっずえんじぇる那覇首里店
子ども服やベビー用品、おもちゃなどを販売する全国チェーン店のリサイクルショップです。おむつ替えスペースやキッズルームを完備し、パスポートを提示すると衣料品が10%オフになります。

● オーガニック&アロマ ペタルーナ 新都心店
キッズルームのあるオーガニックアロマオイルの専門店です。子ども連れOKで、ポイント2倍サービスがあります。

● ロワジールホテル 那覇
朝食やレストランを利用する際、事前予約で年齢とアレルギーに応じて無料で離乳食を作ってくれるサービスがあります。ベビーカーやベビーバスタブ、ベビーベッドなどのベビーアイテムが充実したホテルで、子ども連れの滞在を全面的にサポートしてくれます。

● 那覇市立森の家みんみん
おむつ替えスペースのあるレジャー宿泊施設です。8名以上からの毎週末イベントを開始しており、自然体験ができます。

他にも、おきなわ子育て応援パスポートの提示で参加できるさまざまなイベントがあります。開催時期によって内容は異なりますが、過去にはペーパークラフトやサンドアートなどの工作教室、体力測定や健康チェックなどがありました。

おきなわ子育て応援パスポートで子育てをもっと楽しく!

おきなわ子育て応援パスポートは、沖縄県内や全国で便利なサービスが利用できます。小さい子どもがいると、出費がかさんだり、外出も一苦労だったりするでしょう。しかし、このようなサービスがあれば、もっと楽しく子育てができるのではないでしょうか。

パスポートは、市役所、子育て支援センター、児童館などで配布しているので、早めに入手しておきましょう。公式HPからは地域やサービス内容、利用店舗のカテゴリーから店舗や施設を検索することができます。ぜひ、自分の育児環境に合った協賛店を見つけておきましょう。

【オススメ記事】
地方移住ランキング! 2015年は上位に変化が・・・!?
田舎でどうやって安定した収入を得るのか? 移住先で生活できる理由
地方移住が人気!? 地方で働く5つのメリット
Uターンでペンション経営者へ。家業を継いだ元グラフィックデザイナー
地方創生特区とはなにか?秋田県仙北市が注目される理由とは?