山と海の食材豊かな愛媛の『愛』が満載! 「すご味データベース」

ehime
(写真=PIXTA)

温暖な気候の愛媛県は、柑橘類や海の幸・山の幸に恵まれた地域です。

愛媛県は、四国地方の北西部から北中部に位置する県です。青く美しく200以上もの島々が浮かぶ瀬戸内海と、宇和海に面した肥沃な平野に恵まれています。愛媛県の特産品といえば、「伊予柑」や「温州みかん」を代表とする柑橘類がまず頭に浮かぶでしょう。温暖な気候により、柑橘類生産量は日本一を誇ります。

その他にも魅力的な農林水産物・加工食品が数多く存在しています。藻場や干潟に恵まれた瀬戸内海と、リアス式海岸で知られる宇和海に面しているということもあり、全国的にも有数の水産物産地です。養殖漁業においては、日本一の生産量を誇っています。

観光産業としては、3,000年もの歴史を持つ温泉地『道後温泉』、国宝の『大山祇神社』や『松山城』などがあります。

そんな愛媛が誇る397食品をまとめた、「すご味データベース」をご存じでしょうか。

「すご味データベース」とは?

愛媛県が誇る自慢の食品・食材などの「すご味」をわかりやすく掲載しています。
「愛媛の生産者『すご味』データベース えひめが誇るすご味」:https://sugoaji-ehime.com/

青果、畜産、水産、酒などのカテゴリーに分け、その他の絞り込み機能を持った検索機能を備えています。このため、ターゲットであるバイヤーはもちろん、一般消費者も手軽に商品情報を得ることができます。

また、掲載企業のWEBサイトやECサイト(商品を販売するサイト)との連携により、一般消費者も商品を購入することができます。こうして「すご味」を、身近なものとしているのです。

すご味データベースの中の「『愛』あるブランド」

「すご味」の中でも安全で安心、優れた農林水産物や加工食品を「『愛』あるブランド」に認定しています。

愛媛の農林水産物統一キャッチフレーズ「愛媛産には、愛がある。」をコンセプトに、安心・安全(人と環境に対する愛)、品質(産物に対する愛)、及び産地・特産(ふるさとに対する愛)の3項目への『愛』を持つ愛媛自慢の農林水産物・加工食品を、えひめ愛フード推進機構が認定しています。認定されたものはすべて、愛媛県内で栽培、飼養、収穫、水揚げされた農林水産物および加工食品です。

● 愛媛あかね和牛
愛媛で生まれ育った黒毛和牛で、特産の柑橘類と亜麻仁油をエサに混ぜ、健康的な肉質に仕上げられています。赤身と脂肪のバランスがよく、肉質がやわらかく、しかもヘルシーです。

● みかん愛ぶり
宇和海のぶりです。愛媛を代表する伊予柑オイルをエサに加えることで鮮度を保ちやすくするとともに、臭みを抑えていることが特徴です。口に入れると、ほのかに柑橘の香りが広がります。

● 伊予の姫貴海(ひめたかみ)
これは“全身トロ”といわれている「スマ」という魚です。築地などの中央市場ではほとんど見かけることができず、主に水揚げ産地で消費される希少な魚です。この希少な魚の養殖に初めて成功したのが「伊予の姫貴海」です。脂ののりがよく、マグロのトロの部分に似ています。和食はもちろんのこと、クセが少ないので洋食や中華などにも合うとの声も上がっています。

「すご味データベース」で愛媛を知ろう

「愛媛産には、愛がある。」というキャッチフレーズが表すように、「『愛』あるブランド」に認定され、「すご味データベース」に載っている愛媛県産の農林水産物及び加工食品は、生産者や加工者の愛が溢れています。

「すご味データベース」を通して、愛媛県の新たな一面が発見できるかもしれません。

【関連記事】
【特集】「保育園落ちた 日本死ね」騒動は一体何だったのか?
地方銀行はなぜ証券会社設立を目指すのか?
女性再就職支援で地銀が連携! 変化する地方での働き方
Iターン経験者が語る「Iターンをすすめる3つの理由」
田舎で農業のライフスタイルとは? 移住者体験談