SNSの効用

SNS
(写真=PIXTA)

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が広く使われるようになりました。主なツールとしてはFacebookやLineなどの利用者が拡大してきています。SNSは本来、個人間のコミュニケーションツールなのですが、企業や政府機関からの情報発信など、多くの分野においてSNSの利用が進んでいます。かくいう私もFacebookのユーザーであり、私自身の友達やフォロワー、そして私の会社のFacebookページをフォローしてくれている人まで入れると約5,000件近いつながりがあります。

 私がFacebookを始めたのは5年ほど前ですが、その当時と比べると利用者の数は比較にならないぐらい多くなっているようです。昔は個人が多くの人に対して情報発信をするツールというものはありませんでしたが、こうした手段のおかげで様々な形で交流ができるようになりました。

>> 次ページ SNSのおかげで昔の友人との再会も