ふるさと起業は面白い

furusato
(写真=PIXTA)

 最近、東京でやっていた仕事をそのまま地方に持っていって続ける人が増えてきています。一つのパターンはテレワークです。IT技術の進歩が、必ずしも東京にいなければならないわけではなく、全く同じ仕事を地方に居てもできるようになるという時代を起こしつつあるのです。これについてはまた別途詳しくお話ししたいと思います。

 もう一つのパターンが地方へ行って起業するという方法です。今回ご紹介したいのはこのパターンです。通常、地方よりは東京の方がビジネスを生かせるチャンスが多いと考えがちです。もちろん人口も企業の数もビジネスの種類のバリエーションも東京と地方では比較になりません。

 しかしながら、東京はマーケットが巨大である一方、競争も非常に激しいのが特徴です。地方の企業も多くは大きな市場を求めて東京を目指します。東京にはあらゆるパターンのビジネスがありますが、業者の数も多く、価格的にも競争が激しいため、仕事自体はあったとしてもちっとも儲からないということが多いのです。まさにレッドオーシャンといっても良いでしょう。

>> 次ページ 地方でビジネスをやるメリットとは?