地方移住ランキング! 2014年、もっとも人気があったところは意外な◯◯?

移住
(写真=PIXTA)

子育て世代・団塊世代を中心に田舎暮らし希望者が増えている

 今、注目の地方移住。東京都市圏に住む人の地方移住をサポートする『NPO法人ふるさと回帰支援センター』(東京都千代田区)は、『2014年田舎暮らし希望地域ランキング』を公開しました。

 『田舎暮らし希望地域ランキング』
 1位 : 山梨県
 2位 : 長野県
 3位 : 岡山県

 3年続けて1位だった長野県を抑え、山梨県が初の1位となりました。以下4位 福島県、5位 新潟県、6位 熊本県、7位 静岡県、8位 島根県、9位 富山県、10位 香川県と続きます(実際のランキングは20位迄発表)。

 この上位3県は毎年上位にあがる人気の県で、どの県も支援体制、情報提供など、移住先としてのPR を上手に行っているのが人気のポイントとなっているようです。長野県、山梨県の2県は、全体の3割の支持率がある、人気の移住先となっています。岡山県は東日本大震災以降、移住先として急浮上しており、20~40代の若い世代に人気です。

 『NPO法人ふるさと回帰支援センター』では、ここ2年で全世代にわたってセンターへの相談数が増加し、2014年は前年に比べて1.4倍となりました。地方移住・田舎暮らしを考える人が世代問わず増えていることがわかります。

 中でも増加傾向にあるのは、地方でゆとりあるセカンドライフを過ごしたい団塊の世代(主に60代)と、2011年の東日本大震災をきっかけに、より安全な地方移住を考えている20~40代の子育て世代です。どちらの世代も慌ただしい都心でなく、物価も安い地方で安心安全な生活をしたいということが共通しています。

>> 次ページ 上位3県人気の理由は?

>> 【nezasスカウト限定】地域金融機関の求人を今すぐ「無料」で見る